Concept

 Artist WON_ Jacky

世の中で起きていることに納得ができないのです。動物がまるで物のように、それこそペーパーナイフやカーテンや机のように扱われていることに理解も、共感も、同意も、ほんのひとかけらほどもできないのです。とはいえ私は獣医でも、動物の権利保護のアクティビストでもありません。私はただの、一介のアーティストです。私はただ美術という言語で語るだけです。ぬいぐるみは可愛らしいメディアですが、私が創り出すクリーチャーたちは、その奥に動物たちにまつわる残酷な事実を忍ばせ、どこか奇妙な姿をしています。それは愛玩されながらも凄惨な扱いを受ける、この世界のどこかにいる動物たちのアレゴリーであり、代弁者なのです。

I don't agree with what's happening in the world. I can't understand, sympathize, or agree with even a fraction of what is happening to animals, who are treated like objects, like paper knives, curtains, or desks. However, I am not a veterinarian, nor am I trying to be an animal rights activist. I'm just an artist. I just speak in the language of art. Stuffed animals are an adorable medium, but the creatures I create are somewhat bizarre, with cruel facts about animals buried deep within. They are allegories and spokespersons for animals somewhere in this world that are loved and treated horribly.


WONDIMENSIONはテキスタイルの技法を用い、一種のスペキュレイティブ・フィクションを創り出している覆面アーティストです。彼のソフト・スカルプチャーは一見するとダークファンタジーの世界観を語るようにも見えますが、その根底には、一貫して人間社会における動物存在の扱われ方と運命を風刺する姿勢があります。「ぬいぐるみ」はいわゆる愛らしい品として作られますが、彼の作品ではグロテスクな装飾を加えられており、それによって時には愛玩され、時に医療の発展にその身を捧げられ、時には健全な公共性のための犠牲となる社会における動物たちの運命の二重性を示しています。独学でその方法を身につけた彼にとって美術とはアカデミズムな知識を語るための言語ではなく、ただ同じ星を共有する同胞たちの権利を認め、かつその不当な境遇を暴露するための手段なのです。テキスタイルに受肉された彼のクリーチャーたちは、その不可思議なビジュアルの裏側に、一つのディストピアと皮肉を隠しています。鑑賞者がそこに近づき、そしてその暗闇に気づいた時、彼の企みは達成されます。そうした一つの世界を共有することこそが、紛れもなく彼のアートの目的なのです。

WONDIMENSION is a masked artist who uses textile techniques to create a kind of speculative fiction. At first glance, his soft sculptures may seem to speak of a dark fantasy world, but at the root of his work is a consistent satirical stance on the treatment and fate of animal beings in human society. The "stuffed animals" are made to be so-called adorable, but in his works, they are grotesquely decorated. It shows the duality of the fate of animals in society, sometimes petted, sometimes devoted to the development of medicine, and sometimes sacrificed for the sake of a healthy public. For WONDIMENSION, the self-taught artist, art is not a language to talk academic knowledge. For him, it is a way to recognize the rights of his fellow citizens who share the same planet and to expose their unfair conditions. His creatures, incarnated in textiles, hide a dystopia and irony behind their mysterious visuals. And his plan is accomplished when the viewer approaches them and realizes their darkness. The sharing of such a world is undoubtedly the purpose of his art.